保健室の教師の事を養護教諭と呼びます。養護教諭になるには、教員免許が必要になります。学校によっては、看護師の免許だけで養護教諭になることはできます。公立の学校では、必ず教員免許が必要になります。教員の免許を取得する方法は、大学院を卒業、大学を卒業、短期大学を卒業の3つになります。それぞれで、取得する科目数や内容は異なってきます。また、免状の種類については職務上何の問題もありません。養護教諭になるには、大きく2つあります。それは、大学や短大の看護学部などで養護教諭課程を修了する事、もう1つは大学、短大の看護学部、専門学校で所定の科目を4科目8単位を履修する事そして、保健師の免許を取得する事でなることができます。養護教諭の仕事は、主に子供の健康管理になります。病気やけがになった時の処置が必要になります。また、学校では手に負えなくなった場合は、病院まで搬送する事があります。他には、健康診断の手伝いを行ったりします。このように養護教諭は子供の健康管理を行う事になります。養護教諭の今後の課題として、カウンセラーが必要になるのではと思います。不登校など心の悩みなどで養護教諭の役割が必要になってくると思います。養護教諭だけでなく、医師やカウンセラーの方と協力しながら子供のケアを行う事が大事になると思います。養護教諭は、子供の健康を管理するだけでしたが今後は生徒の相談などに応じる事も重要な役割になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website