訪問看護は、看護師や保健師が患者の家に行って看護を行う仕事になります。
仕事の内容は、患者の健康管理や日常生活の補助や入浴の手伝いや排泄介助又は、栄養指導を行います。
この事をリハビリステーションやターミナルケアなどと言います。これらの医療がきちんと行えるように患者や家族に指導の説明を行ったりします。
また、患者の家にある医療機器や薬の管理を行う事があります。では、在宅看護と病院看護の違いはどこにあるのでしょうか。
それは、訪問時にトラブルが起きても相談する人が近くにいない時や訪問時間が限定されることになります。看護職員や介護職員の人材が乏しい事もあります。
また、医療機器や薬剤、看護用品などが乏しい事があります。訪問看護では、医学の専門知識が高く求められています。
主治医やケアマネージャーなど患者の家族とのコミュニケーション能力が必要とされています。入浴介助やリハビリテーションなど高い判断が要求されます。
病気の予防も1つの仕事になります。気球時の判断力も求められる事もあります。そのため、訪問看護は高い専門性が求められます。訪問看護は、病院勤務の夜勤よりひどい激務が待ち受けていると思います。訪問看護は、体が不自由な患者の世話を行います。世話を1人で行う事になります。そのため、患者を世話する時間が限られて、充分な世話を行う事が出来ません。そのため、訪問看護は、毎日忙しく多忙な日々を過ごされていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website