“日本の医療は、世界でトップクラスと言われる程の技術を持っています。それは、技術だけでなく医療機器の機能も世界トップクラスと言われています。そして、日本の医療技術が世界で注目を浴びています。では、なぜ、日本が世界トップクラスの医療技術を持つようになったのでしょうか。それは、手術で手作業が難しいと言われている作業を今は機会を使って行われています。その医療機器を開発しているのが日本の医療機器を専門に扱うメーカーとなっています。日本は、医療技術だけでなく医療に関する研究も世界でトップクラスになっています。
日本は、最近IPS細胞の研究で功績が認められました。それは、死んだ細胞を生き返させる細胞となっています。それで、今このIPS細胞は難病の治療に使われています。その他にもいろんな研究が進められています。このようにして、医療技術は毎日進化しています。そして、医療がどんどん発展すると新しい技術や知識を得なければなりません。そのためには、毎日勉強して新しい技術を学んでどんどんスキルアップして患者さんの命を救います。このことは、医師だけでなく看護師や医療技師にも大きく関わっています。最新の医療機器の使い方医師の手助けを十分に行えるようにどんどん手助けを行います。このように医療の仕事に関わる人たちは、いろんな勉強をしていかなければなりません。そして、忙しい中仕事を終えると勉強会などで新しい医療の知識を学んでいきます。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website